次号第19号のお知らせ

2016年6月発行予定の次号19号では、3月12日(土)に開催されるシンポジウム「「デュアルユース」と名のつくもの〜科学技術の進展が抱える両義性を再考する〜」の内容を収録した少特集を予定しています。第19号への掲載を希望される方は、3月13日(日)を目処に投稿していただければ、次号掲載に向け、査読後に改定していただく時間を十分に取ることができます。もちろん、投稿は365日受け付けていますので、その後の投稿も歓迎します(次号掲載に間に合う可能性もあります)。

原稿は、編集委員会までメールでお送りください(宛先は下記の通り)。皆様からの投稿を、心よりお待ちしております。

投稿先・問い合わせ先(科学技術コミュニケーション編集委員会)
TEL 011-706-5320(北海道大学CoSTEP内)
E-mail jjsc[at]costep.hucc.hokudai.ac.jp([at]は@に置き換えて下さい)

(2016年1月20日)

第18号を発行しました

『科学技術コミュニケーション』第18号を発行しました。

今号には,報告3本、ノート1本、小特集11本の計15本を収録しました。小特集「シンポジウム:研究成果をなぜ発表しどのように伝えるのか〜科学と社会のより良い関係をめざす〜」は4月に北海道大学物質科学フロンティアを開拓するAmbitiousリーダー育成プログラム(ALP)と科学技術広報研究会(JACST)の共同主催(北大CoSTEP,日本科学技術ジャーナリスト会議,日本サイエンスコミュニケーション協会共催)で開催したシンポジウムの講演録となっています。各論考は,北海道大学学術成果コレクション(HUSCAP)を通じて,オンラインで公開しています。左のメニューの第18号のボタン,またはこちらからご覧ください。

(2015年12月28日)

執筆要領(投稿用テンプレート)を小改定しました

執筆要領: 新聞記事を参考文献として記載する場合等について例を追加しました

(2015年8月1日)

Facebookページを開設のお知らせ

本誌では,オンラインジャーナルとしての機能を最大限に発揮するため,第9号の発行に合わせ,掲載記事に関する意見交換,交流の場としてFacebookページを開設しました。下記のURLからご覧ください。

『科学技術コミュニケーション』Facebookページ
http://www.facebook.com/jjsc.jp

(2011年7月9日)